和風総本家で紹介された百年手土産の老舗菓子まとめ【2016年度版】

2016年7月28日にTV番組和風屋総本家で放送された百年手土産を1ページにまとめました。

100年手みやげとは、100年以上愛され、受け継がれてきた歴史のある品のこと。

出典:http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/wafu/

長年愛され続けている名品を、贈答品として、またお土産として送りたいとお考えの方の参考になればと思います。

どの品もお取り寄せ可能です。

  1. 店舗名と品名
  2. お店のホームページ
  3. 歴史と一言メモ

の順番に一つ一つご紹介します。

スポンサードリンク

  1. 東京・梅鉢屋の野菜菓子
  2. ホームページ:http://umebachiya.com/
  3. 100年ー江戸時代は薬としても出回っていたと言うお野菜の砂糖漬けです。野菜の種類は季節によって変わるそう。

  1. 東京/浅草・徳太樓きんつば
  2. ホームページ:http://tokutarou.net/tempo.html
  3. 112年ーその配合を変えずに作られているきんつば。6個入り920円は都内のデパートでも購入できます。(詳しくはHP)

  1. 青森/弘前・いしたのしそ巻き梅漬け
  2. ホームページ:http://kaneshime-ishita.com/SHOP/326210/326213/list.html
  3. 120年ー東北ならではのしょっぱさが人気の品。減塩ブームで味の変更も検討されたが、変わらない味で120年愛され続けている漬物。TV放送の影響で生産が追いつかず現在は生産していないそう。2017年に漬物グランプリで優勝したあんず梅も人気

  1. 山口/萩・長州屋光國製菓本舗の夏みかん丸漬け
  2. ホームページ:http://www.mitsukuni-honten.com/item_natumikanmaruduke.html
  3. 129年続く名品。夏みかんの生産が多い萩市で作られる、爽やかな苦味と白羊かんのなめらかな甘さが上品なお菓子。

  1. 大阪・本二鶴の巾着寿司
  2. 食べログ:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27001477/
  3. 138年ー芸人の間ではこれが買えるようになると一人前と言われているそう。黄色の薄焼き卵の中には海苔を混ぜ込んだシャリ。海老やアナゴがのった見た目にも美しい一品。

スポンサードリンク

  1. 京都・鍵善良房の菊寿糖
  2. ホームページ:http://www.kyoto-wel.com/shop/S81108/index.html
  3. 150年ー高級砂糖、和三盆を使ったお菓子。中国の故事に因み、長寿を願う菊の形の上品で洗練された品。

  1. 石川・俵屋のじろあめ
  2. ホームページ:http://www.ame-tawaraya.co.jp/index.html
  3. 185年ー大昔、ミルクが足りないときに母乳の代わりにも使われていた他、調味料にもなった栄養のある品。夏は夏バテ防止の滋養を得たり、冬はしょうが湯などで体を温めたりできる、原料は米と大麦だけの糖化酵素食品。

  1. 三重・総本家貝新の時雨蛤(しぐれはまぐり)
  2. ホームページ:http://www.souhonkekaishin.com/
  3. 300年ー遠方まで土産として持ち帰るためにはまぐりをよく煮しめて製造したもの。殿様にも献上されていた由緒ある品。

  1. 東京/飯田橋・萬年堂の御目出糖(おめでとう)
  2. ホームページ:http://www.omedeto.co.jp/index.html
  3. メッセージを伝えなくても気持ちの伝わる品として、ご祝儀や婚礼の引きで物としても愛されている。その見た目が赤飯に似ているためこの名前がついた。

  1. 長崎/平戸・蔦屋のかすどーす
  2. ホームページ:http://www.hirado-tsutaya.jp/
  3. 450年ー地元平戸の方に愛され続けて450年。ポルトガルから伝来してきた当時超高級品であった卵をふんだんに使用した菓子。江戸への献上品として送られており、当時の書物にも記されている。

以上、10品のまとめはいかがでしたか?

もうすぐお盆ですね。もらって嬉しい手土産として、また贈り物として老舗の味を選んでみてはいかがでしょうか。

個人的には山口/萩市の夏みかん丸漬けを食べてみたいな。

以前、夏みかんを薄くスライスしたスイーツを戴いたことがあり、それがとても美味しくてリピートしています。

萩の夏みかん商品は夏にもぴったりですよね。

2017年7月27日(木)放送の和風総本家では、新に100年手土産が紹介されるようです。

2017年版も楽しみに視聴したいと思います^^

番組情報http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/wafu/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています。