堀田秀吾(ほった しゅうご)ストレス社会の中で科学的に元気になる方法とは?【世界一受けたい授業】

2017年7月29日放送の、世界一受けたい授業では、ストレス社会の中で科学的に元気になる方法が紹介されます。

講師は、堀田秀吾(ほったしゅうご)先生

科学的に・・というところが面白いですね。

人間はストレスに弱い生き物。そうにも関わらず、多くの人が自分を鼓舞して頑張り過ぎてしまっていると思います。知らぬ間に溜め込んだストレスを科学的な根拠を知って元気に生活したいですね!

  • 堀田秀吾(ほったしゅうご)先生のプロフィール
  • 科学的に元気になる方法
  • 堀田秀吾先生の著書口コミ

を順番にご紹介します!

スポンサーリンク

堀田秀吾(ほったしゅうご)先生のプロフィール

堀田秀吾(ほったしゅうご)

出典:https://twitter.com/syugo_h

生年月日 1968年6月15日 熊本出身

明治大学教授/法言学者

専門は司法コミュニケーションで、法というコンテキストにおけるコミュニケーションに関して、言語学、心理学、法学の知見を融合したアプローチを研究

趣味 楽器演奏、サーフィン、スノーボード、空手など

明治大学では名物イケメン教授として知られている

芸能事務所の顧問としての顔もあり、まなドルというグループをプロデュースする

確かにイケメンです!

面白そうな先生なので、人気があるのもうなずけます。

科学的に元気になる方法

元気になるためには、沈んだ気持ちを0ゼロに戻すことが大切

落ち込んでいるときって、「落ち込んでいてはダメ!」「なんとか気持ちを切り替えるぞ!」といったように、落ち込んだまま何とかしようとすることが多いですよね。

でも、まず必要なのは、沈んだ気持ちをゼロに戻すこと。そのための行動はとても簡単で、私たちが普段何気なく行っていることでもあります。

空を見上げたり、のびをしたり、鼻歌を歌ったり。

こうした自然に行っている行動こそ、人が元気を取り戻すものであると実証されているようです。

それでは、具体的にどんなアクションが元気につながるのか見てみましょう。

背筋をぴんと伸ばすと気持ちが積極的になり、ストレスホルモンが減少

ハーバード大学の研究で、背筋が伸びた人と、縮こまった人のホルモンを調べたところ、前者からは決断力や積極性に関係する「テストテロン」というストレスホルモンが25%減少し、後者は15%増加したそう。

体と心はつながっています。元気が出ないときは体を元気なときと同じ状態にすることで、自然と心がついてくるのですね!

スマホしている時は私もこうなってしまっています・・

背筋がのびて姿勢がいい人は見た目にも気持ちがいいし、元気そのものに見えますよね。

簡単に幸福感が得られる「手浴」

温泉に行きストレス解消する時と同じような効果が得られる「手浴」

40度のお湯に10分つけて手を温めることで痛みが緩和したり、前向きな言動へと変わっていくなどやる気スイッチが入ります。

これは、手の血管には副交感神経が集中しているため。

手を温めるだけでいろいろな効果が得られるそうです。

私自身、以前足浴を習慣にしようと思ったことがあるのですが、準備が面倒になって続きませんでした。でも「手浴」は手軽でいいですね。

女性は特に手が冷えてしまう方が多いと思いますが、そんな時、蛇口からお湯が出るとすごく気持ちいいと感じ「ほっ」としませんか?特に冷えやすい女性には簡単に幸せ気分になれる方法ですね。

いいアイデアが浮かぶのはボーっとしているとき

何かを解決させたくて、頭をフル回転させて考え込むことありますよね。

ワシントン大学の研究によると、脳はボーとしている時の方が活発に動いていることが分かりました。

1日3分、ただボーっとするだけ。すると脳が活発になり解決できなかった悩みの糸口などをひらめくかもしれませんね。

空を見たりゆっくり歩くだけで自然とボーっとできます。

最近は、マインドフルネスといって、何も考えない時間をとることが推奨されています。

スマホやテレビ、人と接しながら、私たちは常に頭と心に多くのことを詰め込みすぎているのかもしれません。たった3分でリセットできるなら、やらない手はないですね。

嫌な気分から脱出するには、楽しい動きをする!

研究によると、口元に割り箸を差し、笑うときと同じ形を作るだけで、幸せホルモンであるドーパミンが出ることが分かっています。

そのことから、笑える状態でなくても、笑顔を作り、さらに手をくねくねさせたりジャンプするなど楽しい動きを加えることで、幸せホルモンが楽しい気分を作ってくれるのです。

実は私は眠いときとかイマイチやる気が出ないときに、他人の前では絶対できない変ポーズをして最後そんな自分に爆笑するということをやったことがあります。

その時は本当にいい気分になっていました。知らず知らずのうちに科学的根拠にそったことをやっていたんですね。驚きです。

うまく気持ちが切り替えられないときには積極的にこうした簡単にできる行動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

参照:科学的に元気になる方法集めました 堀田秀吾著

根拠を示されると納得できますね。他にもどんなアクションがストレス解消に効果があるのか先生の書籍に興味がわいてきました。

スポンサーリンク
次のページでは堀田秀吾先生の書籍口コミをまとめています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています。