骨格診断ナチュラルタイプに似合うコート・アウターを徹底解説!

骨格診断ナチュラルのみなさんのコート・アウター選びをサポート!

なぜ似合うのか、またなぜ似合わないのかその理由も解説しますので、今年のコート選びの参考になればと思います。

まず、骨格タイプによってシルエットに違いがありますよね。

ラインの特徴とも呼ばれるこのシルエットに似合う・似合わないの理由があります。

初めに似合うコートの形(デザイン)から見て行きましょう。

スポンサーリンク

ナチュラルタイプが得意なラインは?

骨格ナチュラルは骨のしっかりした様子によって

フレーム感のあるラインを作ります。

重心の位置は個人差があり、一概には言えません。

図にするとこのようなイメージ

このラインを生かした洋服選びのポイントは、

  • 骨格を目立たせないゆとりのある服
  • 長さを出す

この二つが大きなポイントになってきます。

これらのポイントを踏まえて得意な形をキーワードにすると、

  • 重ねて作るIラインもしくはYライン
  • スタイリッシュなボディに丸みを足さない
  • 直線的かつ長い丈

首周りのボリュームがついたダウンコート

甘さ、丸さのない装飾が得意

ダッフルコートの留め具やステッチなど◎

逆に、苦手な形(デザイン)をキーワードにすると、

  • 中途半端な丈
  • フェミニン度の高いデザイン
  • シンプルなもの

中途半端な袖丈、身丈は長さが足りていないように見える

フレーム感のあるボディにフェミニン度の高いデザインはミスマッチ

特にウエスト高い位置の切り替えは甘さにつながります。

シンプルすぎるとナチュラルの良さが生かされず無難な印象になりやすいです。

一見普通だけど、よく見るとアシンメトリーなデザインであるとか、紐がついているなど動きがあるものを選んでみてください。

試着のときにチェックするポイント

得意な形のコートが見つかったら必ず試着をしてみてくださいね。

試着しながら確認すべきポイントを三つあげてみます。

①素材

ナチュラルタイプが得意な素材は、

硬めの質感のウール(起毛感は苦手)

ダウンコートであればアウトドア系の硬いナイロン

ブリティシュツイード

その他厚み・重みがあったり表面に凹凸がある素材が得意です。

②サイズ

サイズが合っていなければいくら形・デザインが良くても似合いません。

ジャストサイズが似合う方と、少し大き目が似合う方といらっしゃいます。

ワンサイズ大き目も試着して比べてみることをおすすめします。

③袖の長さと丈

ナチュラルタイプは中途半端な袖丈が苦手です。

手首が隠れる袖丈を選んだほうがかっこよく決まります。

また、身丈は膝下までは欲しいです。

短いと中途半端な様子に見えてしまいがちです。

しっかり長いのが似合うのはナチュラルタイプの特徴です。

素材×デザインが得意なもの=本命コート

ナチュラルタイプに似合うコートのイメージがつかめましたか?

  • 重ねて作るIラインもしくはYライン
  • スタイリッシュなボディに丸みを足さない
  • 直線的かつ長い丈

このポイントを思い出してみてくださいね。

また、形だけでなく、素材も「似合う」に欠かせない要素です。

ナチュラルの得意な素材×デザインのコートこそ本命コートと言えると思います^^

素敵な一枚を見つけてみてくださいね!

骨格診断で自分のタイプが分かった後は、ぜひ積極的に自分に似合う服を選びたいですね。 今回は、コート・アウターをピックアップして...
抜群の演技力で様々な役に魅力を吹き込んでいる蒼井優さん 櫻井翔さん主演のドラマ先に生まれただけの僕では、教師の真柴ちひろを演じ...
冬に欠かせない小物、手袋 骨格診断タイプ別に似合う手袋も違ってきます。 骨格診断で分かるのは、質感が導く...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています。