灰谷先生(成田凌)が自殺未遂!?理由は?【コードブルーシーズン3】

コードブルーシーズン3は救命ヘリが墜落?!という予告があってどきどきしました。

実際は、着陸に失敗したものの乗っていたスタッフは軽症ですみ、救命活動も続けられる状況でした。

踏み切りで立ち往生した80代のおばあさんを助けようと遮断機をくぐった男性と女性が巻き込まれ大怪我を追っていました。

結局、助けに入った男性は死亡し、おばあさんと女性は助かりました。

スポンサーリンク

救命ヘリが着陸に失敗した原因は?

ヘリが着陸に失敗したことは世間にも公表されましたが、その事故のせいで患者が1名助けられなかったといった見出しがつき、問題になってしまいました。

事故調査委員会には、ヘリに乗っていた医師・スタッフとパイロットが出席し状況説明がされました。

まず事故の原因を視界不良とヘリの下から巻き上がる風の影響で、水平維持ができず木に接触したと機長は説明しました。

しかし、実はヘリの中で灰谷先生が着陸を焦らしてしまうようなことを言っていた事実もありました。

無線で患者の状態を聞いた灰谷先生は、かなり状態が悪い患者がいることに焦り、パイロットに「早く着陸してください!」と伝えてしまいます。

医師がパイロットに操縦のことで意見することは禁じられています。

同乗していた白石先生も、そうした灰谷先生の行動に注意をしました。

ヘリがコントロールを失って着陸に失敗した責任は自分にあると感じた灰谷先生は、調査委員会でそのことを正直に話しますが、結局処分を受けたのはパイロットのみ

さらには2週間の救命ヘリの出動自体も禁止されます。

灰谷先生は、自分に原因があると感じているにも関わらず、自分は何も罰を受けなかったこと、また2週間もヘリを飛ばすことができなくなったのでその間に助けられる命が見過ごされてしまうのではないかと自責の念に苦しみます。

スポンサーリンク

処置中に「まさる君」と呼び続けた女性

なんとか現場に到着した白石先生と灰谷先生は、大動脈を損傷した男性の処置にあたります。

心臓マッサージを施しますが、大動脈が切断されている状態では助かる見込みは0に近く、白石先生は諦めます。

しかし、そばでその様子をみていた女性が「まさるくんを助けて」と連呼します。

彼女とこの男性は結婚式に向かう途中のカップルでした。

それを聞いた灰谷先生は懸命に心臓マッサージを続けます。

途中で男性の手が動くなど意識があるのを感じたため、諦めろといわれてもなかなかその場を離れられない状況が続きます。しかし、最後は大動脈が破裂し完全に手の施しようがなくなりました。

灰谷先生は、おばあさんを助けようとしたこの勇敢な男性を助けられなかったことに苦しみます。

ヘリの着陸ミスの原因は自分にあり、また患者を助けられなかったという悲しい事実も重なり灰谷先生は落ち込み涙を流します。

そして、灰谷先生は眠れなかったのか、睡眠薬を手に入れます。しかしその量が多過ぎると気づいた橘先生(椎名きっぺい)は灰谷先生の安否を確認するよう白石先生に指示します。

それとほぼ同時に、事態は急展開!

灰谷はホームから転落したとして大怪我を追い救命に運ばれてきました。

睡眠薬にホームからの転落・・この状況だと、灰谷先生は自殺を考えているように見えます。

フェローからの励ましの言葉もあって、落ち込みながらも立ち上がる希望を得たようなシーンもあったのでまさかの展開に驚きました。

http://www.fujitv.co.jp/index.html

頭から出血していた灰谷先生・・容態が気になります!

次週のあらすじ

灰谷俊平(成田凌)が駅のホームから転落し負傷して以来はじめて救命の職場に復帰した。灰谷の事故は睡眠薬の効き過ぎでホームから落ちたという説明になっていたが、白石恵(新垣結衣)らは灰谷が自殺しようとしていたのではないかと疑っていた。そんな空気を灰谷に悟られまいと普段通りでいようとするのだが、白石や藤川一男(浅利陽介)もぎこちなくなってしまう。

http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index.html

自殺ではなかったようですね。でも、灰谷先生は出かける予定があるのに睡眠薬を飲んだということでしょうか。だとしたらかなり迷惑な話ですよね~。

コードブルー・シーズン3の5話が放送されました。 天才ピアニストの天野奏ちゃんが手術することを決意しましたね。 ...

無料で見れる見逃し配信はこちら

フジテレビオンデマンド

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています。